新型ウイルス 県内新たに2人感染 延べ546人 三重

三重県は16日、四日市市と津市の男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は名古屋市で判明した感染者の濃厚接触者に特定されて陽性と判明。県内の感染者は延べ546人となった。

県によると、津市内の50代男性会社員は10日から倦怠(けんたい)感、11日から38度台の熱があった。15日に検査を受けて陽性と判明。現在は39度の熱や倦怠感に加え、肺炎の所見があるという。

男性は9日まで鈴鹿市内の事業所に出勤していたといい、県は職場の同僚1人を濃厚接触者として検査する方針。周辺に感染者は確認されず、県外への訪問もないといい、県が感染経路を調べている。

四日市市の50代男性会社員は、12日から発熱や倦怠感があった。名古屋市内に住む友人の感染が12日に判明し、濃厚接触者として検査を受けたところ陽性と判明。現在も熱などがある。

男性と友人は8日、名古屋市内の飲食店で食事をしていた。同市内の会社に12日まで出勤していたといいう。同居の家族1人と職場の同僚2人が濃厚接触者に特定され、検査を受ける見通し。