津一志から松阪中川駅へ コミュニティバス乗り入れ協定 三重

【協定書を示す竹上市長(右)と前葉市長=松阪市役所で】

【松阪】三重県の竹上真人松阪市長と前葉泰幸津市長は15日、松阪市役所で津市コミュニティバスを来年4月1日から松阪市へ乗り入れる協定を締結した。

路線は「一志東・伊勢中川駅ルート」で、「とことめの里一志」と「伊勢中川駅東口」を結ぶ。月水土曜に1日4往復し、運賃は200円。停留所を6カ所増やし、計24カ所とする。

両市住民の利便性の向上を図る狙い。両市境付近の津市住民から「中川駅へ乗り入れてほしい」、松阪市住民から「コミュニティバスを通してほしい」と要望があり、実現した。

前葉市長は「コミュニティバスは合併前の市町の運行を引き継ぎ、旧市町内をぐるぐる回っていたが、平成30年から路線を再編している。一志と嬉野は旧一志郡で深い関係があり、住民の声を感じてきた。親しまれるよう努力する」とあいさつした。

竹上市長は「すごくいい話。集落の狭い所を通してくれた。津市から持ち掛けられて幸運」と感謝した。

市町が運営するコミュニティバスの市町外への乗り入れは県内7例目。津市は奈良県御杖村と、伊勢市は度会町、明和町と乗り入れている。他は木曽岬村―弥富駅や紀宝町―新宮駅など終点が駅などになっている。