鈴鹿 ラグビー女子、男子とスクラム パールズ、ホンダに出げいこ 三重

【ホンダヒートのダニー・リーHC(左端)らから指導を受けるパールズの選手=鈴鹿市内で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市拠点で、男子ラグビーの国内最高峰リーグ「トップリーグ」で活動する「ホンダヒート」の練習場所を14日、四日市市拠点の女子ラグビーチーム「パールズ」の選手らが訪ねて練習を行った。

パールズは平成28年に始動し女子7人制の国内リーグ「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」のほか15人制の日本選手権などで活躍。ホンダヒートへの「出げいこ」は県内拠点の男女国内トップチームがイベントなどで一緒に地域を盛り上げようと初めて行った。

練習は守備位置別に行い、ホンダヒートからはダニー・リーヘッドコーチらコーチ陣に加えて昨年のワールドカップ日本代表の具智元選手ら一部の選手も参加し、助言を送った。

パールズ主将で15人制女子日本代表FWの齊藤聖奈選手は「チームに15人制に特化したコーチがいないので、スクラムなどの技術練習は貴重な機会だった」と話した。

ホンダヒートは来年1月開幕のトップリーグ、パールズは2月から3月にかけて開催の日本選手権でチーム単独で初参戦初優勝を目指す。「教えながら普段の練習の大切さを再確認した」と話す具選手は「ホンダの一員としてトップリーグでアピールし代表戦でまた活躍したい」と抱負を語った。