四日市駅前でビル火災 けが人なし、一時騒然 三重

【激しく燃える解体工事中のビル=四日市市浜田町で】

【四日市】15日午前9時55分ごろ、三重県四日市市浜田町、鉄筋鉄骨コンクリート造り9階建て、解体工事中のビルから黒煙が上がっているのを巡回中の四日市南署員が発見した。隣接するオフィスビルにも延焼し、消防車12台が出動。約1時間45分後に鎮火した。現場は近鉄四日市駅から南東に約百メートルでオフィスビルなどが建ち並ぶ。ビルからは大勢の人たちが避難し、現場は一時騒然となった。

同署などによると、工事中のビルは同市のグリーンズが所有する新四日市ホテル。ホテルは昨年末で閉館し、今年5月から解体作業が進められていたという。出火原因は調査中。通行人の50代女性が火事に驚いて足首をくじいた疑いで、市内の病院に搬送された。