小中学校にマスク寄贈 伊勢の食品卸売業者ら 三重

【鈴木市長(右端)にマスクを手渡す岡田社長(中央)と前田代表=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の食品・土産物卸売業「フレッシュフーズ」(同市御薗町)と「前田弥十郎商店」(同市宇治浦田)は14日、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててもらおうと、市立の小中学校にマスク5千枚を贈った。

市役所に、フレッシュフーズの岡田和信社長と前田弥十郎商店の前田哲代表が訪れ、「子どもたちの感染予防に役立ててほしい」と鈴木健一市長にマスクを手渡した。市は、小中学校の計33校に配布し、子どもたちへのマスク着用指導に活用する。

岡田社長は「できることをできるときに実行したい。地元の事業者として、いつも支えてくれる地域にお返ししたい」話した。