貨物船同士が衝突 四日市港、けが人なし

【四日市】三重県四日市市の四日市港で12日午後6時55分ごろ、日本籍と韓国籍の貨物船同士が、海上で出合い頭に衝突した。韓国船「GOLDEN AI HANA」(2718ン)の船尾右側に縦50センチ、横5メートルの亀裂が生じ、日本船「瑞光丸」(749トン)は船首部に縦0・8メートル、横2・15メートル、内側に0・8メートルのへこみができた。

四日市海上保安部によると、けが人の発生や油、積み荷の流出などはなかった。両船とも引火性の液体類を積んでおり、韓国船は化学薬品、日本船は液化ガスを四日市港で積み、出港したところだった。互いに外湾へ出ようとした際、交差する形で日本船の船首が韓国船の右後方に衝突したという。事故原因は調査中。