松阪 元旦からオンラインマラソン 市が16日から参加者募集 三重

【みえ松阪オンラインマラソンへの参加を呼び掛ける竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】三重県の竹上真人松阪市長は12日、市役所で定例記者会見に臨み、「2021ニューイヤーRUN!みえ松阪オンラインマラソン」を来年1月1日から始めると発表した。期間は同28日まで。募集は18歳以上の国内在住者を対象に今月16日―来月15日。定員は先着2021人。

県内唯一のフルマラソン大会「みえ松阪マラソン」の関連イベントとして同大会実行委員会が主催する。同大会は新型コロナウイルス感染症対策のため今年12月の初開催を中止し、来年12月19日に実施する。

オンラインマラソンはスマートフォンにトレーニングアプリをダウンロードして参加する。自由にコースを選べ、好きな時間に取り組めるため、コロナ禍でも安心して楽しめる。

参加者全員に通気性に優れた同大会ロゴ入りオリジナルマスクをプレゼント。抽選で松阪肉など同市特産品が当たる。42・195キロを走った完走特典は同大会先行エントリー権。

参加コースは4種類あり、一般は参加料2500円とエントリー手数料220円。他に「自分にお年玉コース(参加料5500円)▽家族にお年玉コース(同1万500円)▽みんなにお年玉コース(同2万500円)があり、特産松阪牛などを贈る。

竹上市長は「コロナの中、できることをやろうという思い。イベントでつながっている気持ちになっていただければ」と参加を呼び掛けた。

エントリーサイト「RUNNET」から申し込む。問い合わせは同市教委スポーツ課内同実行委事務局=電話0598(53)4359=へ。