明治神宮野球大会は中止 新型ウイルス影響で

日本学生野球協会と明治神宮は9日、新型コロナウイルスの影響で、11月20日から神宮球場で開催予定だった第51回明治神宮大会を中止すると発表した。感染者の多い東京へ団体で移動することなどのリスクを考慮し、開催は困難との結論を出した。同大会の中止は昭和天皇の病状悪化で自粛した1988年以来2度目。

大会は大学の部が70年、高校の部が73年に始まり、アマチュア野球の主要大会の1つに位置づけられている。大学4年生にとっては学生時代最後の全国大会。高校の部優勝校の所属地区には春の選抜高校野球大会の出場枠1が与えられてきた。来春の第93回選抜大会の「神宮大会枠」については、主催者が今後臨時の運営委員会を開いて審議する。

今年は大学、高校とも東海地区予選の会場が三重で、大学の部は10月24、25日に県営松阪球場、高校の部は10月24、25、31、11月1日の4日間、ダイムスタジアム伊勢などでの開催を予定している。