志摩市長選あす告示 市議補選も 三重

【志摩】任期満了(30日)に伴う三重県の志摩市長選と市議補選(被選挙人数2)は11日に告示される。現職と元職、新人の三つどもえの選挙戦となる公算が大きく、新型コロナウイルス感染症への対策や地域活性化などが争点となる見通し。投開票は18日にある。

9日現在、市長選に立候補を表明しているのは、元職で元市議の大口秀和氏(69)=志摩町和具=、現職の竹内千尋氏(61)=阿児町神明=、新人で元市議の橋爪政吉氏(45)=大王町波切=の3氏(50音順)。市議補選には、いずれも新人で、飲食店経営の竹内久美(44)=志摩町和具=、建設業の松井研二(41)=大王町波切=、共産党公認の森光子(64)=浜島町迫子=の3氏(同)が立候補を表明している。

立候補は午前8時半―午後5時まで、市役所4階で受け付ける。投票は18日午前7時―午後6時、市内42カ所の投票所で実施し、午後8時から阿児町神明の阿児アリーナで開票する。午後11時には大勢が判明する見込み。期日前投票は市役所本庁舎と各支所の計5カ所で、不在者投票は市役所本庁舎で、いずれも12日―17日午前8時半―午後8時。

9月1日現在の選挙人名簿登録者人数は4万2969人(男1万9869人、女2万3100人)。