カード盗まれ200万円被害 津の80代女性、自宅に男 三重

【津】三重県の津署は7日、津市の80代無職女性が自宅を訪れた警察官を名乗る男にキャッシュカード2枚を盗まれ、現金200万円を引き出される被害に遭ったと発表した。キャッシュカードの窃盗事件として調べている。

同署によると、6日午前10時5分ごろ、男が女性宅を訪れ「口座に不正な引き出しがある。通帳とキャッシュカードを持ってきてほしい」などと言い、女性はカードと通帳を男に手渡した。男は女性にカードなどを入れるための封筒を取りに行くよう指示。ただ、女性が封筒を取ってくると、男は持参していた封筒にカードと通帳を別々に入れていたという。

男は女性に封筒を手渡したが、2つのうち、1つは中身がすり替えられており、女性はキャッシュカードを盗まれた。女性はその際、男に暗証番号を教えており、同市内のATM(現金自動預払機)から現金を引き出されたという。男が去った後、女性が親族に相談し、封筒を開けたことで中身のすり替えに気が付いた。