四日市 高齢女性が150万円詐欺被害 通帳とカードだまし取られ 三重

【四日市】四日市南署は5日、三重県四日市市の70代無職女性が通帳2通とキャッシュカード2枚をだまし取られ、現金約150万円を引き出される詐欺被害に遭ったと発表した。キャッシュカード詐欺盗、預貯金詐欺事件として調べている。

同署によると、女性宅に先月24日昼、同署員を名乗る男から電話があり「あなたのカードを使おうとした犯人を捕まえた」などと話したという。その後、金融機関の職員を名乗る男が女性宅を訪れ「通帳を預かりに来た」などと話し、女性は男に通帳を手渡した。キャッシュカードは男が持参した封筒に入れ、女性が保管するはずだったが、封印のために女性がその場を離れた隙に別の封筒にすり替えられたという。