亀山新橋を通行止め 道路拡張、架け替え工事始まる 三重

【令和4年3月まで通行止めの亀山新橋=亀山市御幸町で】

【亀山】亀山駅周辺2ブロック地区第一種市街地再開発組合(小林昭一理事長)が進める、三重県のJR亀山駅前を通る都市計画道路・亀山駅前線拡張工事に伴う亀山新橋の架け替え工事が5日始まり、同橋を全面通行止めとした。期間は、工事完成予定の令和4年3月まで。

工事は、同組合と鴻池・堀田・米倉特定建設工事共同企業体が請負金額9億5150万円(税込み)で契約。同橋の架け替えと延長約200メートル(現状7―12メートル)の道路幅員を12ー14メートルに拡張。駅前広場の整備も含む。

組合関係者は「JR亀山駅を利用する人などにご迷惑をかけるが、理解し協力をお願いします」と話している。