前出、竹前が優勝 卓球日本選手権三重県予選会

卓球の天皇杯・皇后杯全日本選手権大会三重県予選会は3日、伊賀市ゆめが丘のゆめドームうえので一般男女シングルスがあり、男子の部は高田高1年で、ジュニアの部県予選覇者の前出陸杜が優勝した。

女子の部は伊賀市に拠点を置く日本リーグ所属「エクセディ」の竹前裕美子が制した。

ジュニア・一般とも男女上位2位が来年1月に大阪市で開催の本大会に出場する。結果は次の通り。

【男子】①前出陸杜(高田高)②阿南皓哉(立命館大)③石城蓮(朝日大)④安藤大貴(亀卓)
【女子】①竹前裕美子(エクセディ)②佐藤優衣(同)③森本枝里(専修大)④日口実咲(白子高)

◆卓球 全日本選手権大会県予選会ジュニアの部(9月26日・津市産業スポーツセンターサオリーナ)
【男子】シングルス ①前出陸杜(高田高)②岩戸佑樹(白子高)③北村悠貴(21クラブ)④山下剛史(高田高)
【女子】シングルス ①山脇ゆき(白子高)②番条梨沙(同)③鈴木渚帆(高田高)④竹原優梨(21クラブ)