税務申告「e-Tax」をPR 四日市で買い物客に 三重

【来場者(手前)に説明する税務署職員=四日市市安島のララスクエア四日市で】

【四日市】三重県の四日市税務署はこのほど、四日市市安島の商業施設「ララスクエア四日市」1階、駅側入り口付近にパソコンやスマートフォンを使って申告・納税ができる「e―Tax」のPRコーナーを設けた。今後も定期的に開設し、次回は11月6日午前10時―午後3時を予定している。

「e―Tax」は、自宅などから24時間いつでも手続きができる。利用するにはマイナンバーカードもしくは、IDとパスワードが必要で、近くの税務署に運転免許証などの本人確認書類を持参すれば、IDとパスワードは即日発行される。PRコーナーでも、IDとパスワードの発行をしている。

会場では、税務署職員らがマイナンバーカードの取得方法や「e―Tax」について説明したり、買い物客にチラシやポケットティッシュを配ったりして、コロナ禍の来年の確定申告に向けて、早めの準備を呼び掛けた。