ハンドMVIに除菌スプレー寄贈 松阪の丸亀産業 三重

【除菌抗菌スプレーを示す立石選手(右から2人目)と竹上社長(同3人目)ら=松阪市高町の丸亀産業本社で】

【松阪】総合建設業「丸亀産業」は1日、三重県松阪市高町の本社で、スポンサーになっている女子ハンドボールチーム「三重バイオレットアイリス」へ、新型コロナウイルス感染防止のため同社が扱っている銀イオン除菌抗菌スプレーを寄贈した。

同チームはNPO「三重花菖蒲(しょうぶ)スポーツクラブ」(鈴鹿市御薗町)が運営。企業チームが大半を占めるトップリーグで、地域企業に支えられたクラブチームとして上位を争っている。

スプレーは同社マンション事業で退去室の消毒に使っている。寄贈は30ミリリットル100本と300ミリリットル48本。

同社は昨年からスポンサーになっている。竹上亀代司社長はリオデジャネイロ五輪日本代表の石立真悠子選手に目録を贈呈し、「けがなく思う存分戦ってほしい」と激励した。

石立選手は「目標は日本一。勝つだけでなく試合を見て応援してくださる方に前向きになってもらえるようなプレーをしたい。チーム一つになって頑張りたい」と感謝した。