大型バイクの姉と弟死亡 熊野の国道42号 車と正面衝突 三重

【熊野】29日午後9時55分ごろ、三重県熊野市木本町の国道42号で、同市有馬町、会社員山田雄也さん(21)ら2人が乗った北進中の大型バイクと、南進中の熊野市木本町、自営業水谷恵子さん(59)の軽乗用車が正面衝突。山田さんと、同乗者で姉の和歌山県田辺市、看護師山田真由香さん(22)が共に全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。水谷さんは骨を折る重傷を負ったが、命に別条はない。

熊野署によると、現場は鬼ケ城トンネル西口の南方約30メートル。片側一車線で緩やかなカーブになっている。大型バイクを2人のどちらが運転していたかは分かっていない。同署は大型バイクと軽乗用車のどちらかが対向車線にはみ出した可能性があるとみて事故原因を調べている。