御浜町 子どもの悩み相談に対応 児童家庭支援センター開所 三重

【10月1日に開所する児童家庭支援センター きしゅうのセンター長の米津さん=御浜町下市木で】

【南牟婁郡】子どもや家庭に関する悩みを相談できる専門機関「児童家庭支援センター きしゅう」が10月1日、三重県御浜町下市木に開所する。子どもの不登校やいじめ、非行などの相談に対応する。児童家庭支援センターの開所は東紀州地域で初めて。開所時間は平日午前9時―午後5時。相談無料。電話では24時間受け付けている。

センターは旧市木保育園を活用している。相談員と認定心理士、公認心理師の計4人が常駐し、ゼロ歳から18歳の子どもの悩みや保護者の育児の相談に乗る。相談者からの希望があれば、発達検査なども実施する。

津市の社会福祉法人「聖マッテヤ会」職員の米津昭さん(38)が、相談員兼センター長を務める。米津さんは「地域の方が気軽に来てもらえるセンターを目指したい。相談することで少しでも気持ちが楽になってもられば」と話している。

問い合わせは児童家庭支援センター きしゅう=電話05979(2)1800=へ。