志摩産小麦のパン販売 あすから4店舗でフェア 三重

【しまパンフェアで販売される志摩産小麦を使ったパン=志摩市役所で】

【志摩】三重県の志摩市商工課とJA伊勢による「しまパンマルシェ実行委員会」は10月2日から、市内のパン屋4店舗で、志摩産小麦を使ったパンを販売する「しまパンフェア」を初開催する。10月11日まで。

市内に約15カ所点在するパン屋の認知度向上と地産地消に伴う域内循環のモデルケースとして、同市では昨年から、JA伊勢と共同で小麦の栽培を開始。同市阿児町神明の試験圃場で昨年11月に種をまき、地元小学生らの麦踏み体験を経て5月に初収穫した。

イベントでは、初収穫した志摩産小麦を使った小麦粉(全粒粉)約200キロを材料にサンドイッチやスコーン、食パンなど各店舗の特色を生かした10種類以上のパンを販売する。参加店舗は「ぱん屋ふじ田」(阿児町立神)▽「Maki's Bakery」(阿児町国府)▽「丸仙製パン」(阿児町甲賀)▽「えりはら」(磯部町恵里原)―。

2日午前9時50分から、ぱん屋ふじ田でオープニングイベントを実施する。問い合わせは同市商工課=電話0599(44)0010=へ。