都市対抗野球大会 東海地区2次予選 ホンダ鈴鹿、5年連続本戦へ 三重都市対抗野球大会 東海地区2次予選 ホンダ鈴鹿、5年連続本戦へ 三重

【2次代表決定戦 都市対抗予選の代表決定戦で入社後初の公式戦完投勝利を挙げたホンダ鈴鹿・井村(高蔵寺高―至学館大)=岡崎市で】

第91回都市対抗野球大会東海地区2次予選は28日、愛知・岡崎市民球場で第2代表決定戦があり、ホンダ鈴鹿が5―1でジェイプロジェクト=名古屋市=を下して5年連続25回目の本戦出場を決めた。

一回1死三塁から生まれた大卒ルーキー貞光広登(天理高―國學院大)の右前適時打など計12安打で試合を優位に進めた。守備でも入社2年目の井村勇介(高蔵寺高―至学館大)、長壱成(智弁和歌山高―駒大)のバッテリーを中心にジェイプロジェクト打線を6安打1得点に抑えた。

この日は第4代表決定トーナメントもあり、今季限りの活動休止が決まっている永和商事ウイング=四日市市=は1回戦で東邦ガス=名古屋市=に1―8で逆転負けした。第6代表での本戦出場に最後の望みをかけ、30日の第6代表決定トーナメント1回戦で王子=愛知県春日井市=に挑む。