鈴鹿市議会で人事案選任に同意

【鈴鹿】鈴鹿市議会9月定例議会は25日、本会議を再開。追加議案として、いずれも任期満了に伴う市教育委員会委員に下古谷博司さん(56)=同市矢橋3丁目、3期目=を、また人権擁護委員に髙野栄子さん(66)=同市小岐須町、5期目=、市川春美さん(68)=同市伊船町、2期目=、尾内敏さん(56)=同市庄野羽山4丁目、2期目=、西山哲也さん(65)=同市若松北2丁目、2期目=を充てる人事案5件について、それぞれ選任に同意した。

任期は市教育委員会委員が令和2年10月1日から4年間、人権擁護委員が令和3年1月1日から3年間。

ほかにも、新型コロナウイルス感染症対策等に関連する計6億8815万1000円の一般会計補正予算案2議案を含む19議案を原案通り可決。請願5件を採択、委員会発議案3件、議員発議案2件をそれぞれ可決した。

そのほか、同日付で新型コロナウイルス感染症対策特別委員会の中間報告書を提言としてまとめ、市に提出した。