百五銀行が私募債15件受託

百五銀行(本店・津市岩田)は25日、私募債15件、計11億1千万円を引き受けたと発表した。うち1件は持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた企業の取り組みに応じて利率を優遇するSDGs私募債(企業応援型)で、7件は手数料の一部を教育機関や福祉機関に寄付するSDGs私募債(寄付型)で受託した。

15件のうち13件の内訳を公表。飲料メーカー「日興薬品工業」(名古屋市、加納巖社長)から2億円を受託した。ベアリングメーカー「富士製作所」(大阪市、村上吉秀社長)と金属加工会社「ダイテック」(大阪府守口市、長谷川智久社長)、電気工事会社「明光電気」(松阪市、田中靖之社長)からは1億円を引き受けた。

不動産会社「ヤマトコーポレーション」(名古屋市、山本一枝社長)からは8千万円を受託。不動産会社「イワクラゴールデンホーム」(名古屋市、村神亮社長)と建設機械レンタル「富士丸産業」(愛知県飛島村、藤岡稔丸社長)、食品メーカー「ニチニチ製薬」(伊賀市富永、森下政彦社長)、管工事会社「中西商会」(奈良県桜井市、河村卓勇社長)、土木建築会社「田辺設備」(津市、田辺和弘社長)、土木建築会社「丸八土建」(大台町、橋本智弥社長)からは5千万円を引き受けた。

板金工事会社「中板工業」(津市、中村剛士社長)からは4千万円、冷暖房設備工事会社「奥田冷機」(伊勢市、奥田和義社長)からは3千万円を受託した。

同行が本年度に受託した私募債の累計は49件、36億9千万円となった。