尾鷲市役所で姉妹都市プリンスルパートの資料展示

【尾鷲市と姉妹都市提携を結んでいるプリンスルパート市ゆかりの資料や写真などを展示している=尾鷲市役所で】

【尾鷲】尾鷲市とカナダのプリンスルパート市の姉妹都市提携日である9月26日に合わせ、尾鷲市国際交流協会は市役所1階の福祉保健課、市民サービス課前の壁面に、プ市ゆかりの資料や写真などを展示している。10月2日まで。

漁師町ということや雨が多い気候が似ていることから、プ市から尾鷲市へ申し入れがあり、昭和43年9月26日に姉妹都市提携を結んだ。

これまで両市の派遣団が行き来するなどして交流を深めてきた。尾鷲市瀬木山町の市民文化会館に立つ高さ9メートルの木製の彫刻トーテムポールは、同館の完成を記念してプ市から贈られた。

尾鷲市役所の壁面には、同市とプ市の交流の様子を撮影した写真や、国際交流協会の設立10年の節目に作った記念誌などが展示されている。

国際交流協会の林理恵子会長(52)は「姉妹都市提携を結んでいることを知らない人も多いと思うので、展示を見て過去の交流の様子などを知ってもらいたい。両市間の交換留学なども復活できれば」と話した。