東名阪四日市東ICで3時間通行止め 大型タンクローリー事故で

25日午前11時10分ごろ、三重県四日市市中村町、東名阪自動車道四日市東インターチェンジの下りランプ(流出車線)で、大型タンクローリー(26トン)が左カーブでスリップし、縁石に衝突。弾みで車体が横向きになり車線をふさいだ。県警高速隊によると、事故の影響で同ランプの上下線が11時20分から約3時間通行止めとなった。