津市が高齢者インフル予防接種を無料に

【津】前葉泰幸津市長は25日の定例記者会見で、秋冬に新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時に流行する場合に備えるため、本年度は高齢者を対象にインフルエンザの予防接種費を無償にすると発表した。この関連費用として1億200万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を10月1日の市議会本会議に追加提出する。県内では鈴鹿市や亀山市が予防接種の無償化を打ち出している。

市内在住の65歳以上の高齢者などが対象で、10月―来年1月まで。65歳以上の人口の七割に当たる約5万6千人の接種を見込む。接種費などを補正予算案に計上する方針。市モーターボート競走事業会計から10億円を繰り入れた基金を財源とした。

前葉市長は「無料にすることで今まで接種を控えていた人や積極的に接種していなかった人にも接種してもらう後押しになるのではないかと考え、推奨する政策を打つことにした」と述べた。