新たに5人感染、新型ウイルス

三重県は25日、20―40代の男女計5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人については、感染者との接触が確認されている。県内の感染者は延べ489人となった。

県によると、鈴鹿市の30代男性会社員は、19日に感染が判明した30代男性会社員の同僚。37度台の熱や頭痛などの症状がある。男性らが勤務する会社で判明した感染者は4人となった。

また、クラスター(感染者集団)が発生した鈴鹿厚生病院(鈴鹿市岸岡町)でも、新たに40代女性看護師2人の感染が判明。2人とも症状はない。この病院で判明した感染者は69人となった。

四日市市の20代女性会社員は、同僚の接触者として検査を受けたところ、陽性と判明した。せきなどの症状がある。名古屋市内の勤務先では、この女性を含めて4人の感染が判明しているという。

伊勢市の30代男性会社員は19日から熱や倦怠感があり、20日に受けた検査で陽性と判明。14―16日まで都内に出張をしていたという。県は同居の家族や職場の同僚ら9人を検査する方針。