伊勢市役所に爆破予告メール 志摩や松阪でも確認 三重

【伊勢】三重県の伊勢市役所などを対象に爆破を予告するメールが届き、市が警察に被害を相談していたことが24日分かった。悪質ないたずらの可能性が高いとみて慎重に対応している。

同市危機管理課によると、メールは21日午前2時ごろに市役所宛てに届き、23日午前8時半ごろに出勤した職員が発見した。市内小中学校や高校、市役所庁舎などを対象に「爆弾を積んだトラックを衝突させる」「ヒアリ100万匹を放す」といった内容で、仮想通貨の送金を要求する文面もあった。

市は不審者や不審物、侵入者の有無など警戒態勢を強化して対応しているが、現時点で異状は確認されていないという。同様のメールは志摩市や松阪市でも確認されている。