新型ウイルス 新たに5人感染 70代男性が死亡 三重

三重県は22日、新型コロナウイルスに感染していた県内の70代男性が死亡したと発表した。また、20―70代の男女5人の感染が新たに判明し、県内の感染者は延べ480人となった。

県によると、死亡した男性はクラスター(感染者集団)が発生した鈴鹿厚生病院(鈴鹿市岸岡町)の入院患者。感染判明後、別の医療機関に転院していた。容体が急変して21日に死亡したという。

死因は新型コロナウイルス感染症というが、県は基礎疾患の有無について「関係者の了解が得られていない」として明らかにしていない。県内の死者は7人、このクラスターに関連する死者は4人となった。

この病院で入院していた50代男性の感染も新たに判明した。4日に受けていた検査の結果は陰性だったが、7日に発熱。再検査で陽性と判明した。この病院に関連する感染者は67人となった。

また、19日に感染が判明した鈴鹿市に住む30代男性会社員の濃厚接触者に特定された70代両親の感染が新たに判明。この男性と同じ職場で勤務していた四日市市内の20代男性会社員も感染した。

四日市市内の30代男性会社員は、19日に感染が判明した鈴鹿市内の30代女性アルバイト店員の濃厚接触者に特定され、陽性と判明。2人は12日に愛知県を訪れ、四日市市内の飲食店を利用した。