来月3日に創業セミナー 知識習得、経営者から体験談も 三重県信用保証協会

【特別講演する院長の米倉さん】

三重県信用保証協会は10月3日に四日市市諏訪町の市総合会館で創業セミナーを開く。創業に興味がある人らを対象に、創業に向けた知識やノウハウの習得を目指すほか、特別講演として実際に創業した経営者を招き、具体的な取り組みを聞く。定員は20人で、参加費は無料。

特別講演するのは平成27年に「まな鍼灸堂」(四日市市浜一色町)を開院した米倉まなさん。米倉さんはうつ病やパニック障害、自律神経失調症を併発した自身の経験をもとにメンタル診療を掲げ、診療時間も社会人が来院しやすいように午後1時から同10時に設定している。そんな米倉さんから創業に関する体験談を聞き、創業へのヒントにしてもらう。

中小診断士の横山博昭氏の講演もあり、円滑に事業スタートするための心構えや必要な準備などを紹介する。参加者と米倉さんや横山さん、金融機関ら関係者との車座ディスカッションもあり、資金繰りなどについて意見交換する。

新型コロナウイルスによる感染拡大防止策も実施。50人規模の会場で参加者を20人に絞り、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮するほか、マスク着用や手指の消毒などを実施する。

創業セミナーは平成30年からスタートし、今回で5回目。同協会は中小企業や小規模事業者が金融機関から事業資金の融資を受ける際、「公的な保証人」となって金融の円滑化を図る公的機関。近年はスタートアップ企業を応援する創業支援にも力を入れ、同セミナーなどを開催してきた。

創業を検討している人には、セミナーを入り口に「創業カレッジ」なども開き、税務や社会保険など具体的なアドバイスを行っている。資金繰り支援としては、創業再挑戦アシスト資金などを取り扱っている。

来月3日のセミナーは申し込みが必要で、締め切りは25日。問い合わせは県信用保証協会(津市桜橋)=電話059(229)6060=へ。ホームページやファックスなどでも受け付けている。