度会町マスコット「ティーナ」プリント ネイション産業、園児らに布マスク寄贈 三重

【中村町長(左)にティーナがプリントされた布マスクを手渡す村田専務=度会町役場で(同町提供)】

【度会郡】三重県度会町棚橋で縫製加工業を営む「ネイション産業」の村田誠司専務がこのほど、度会町役場を訪れ、自社が製造する布マスク(XSサイズとSサイズ)計250枚を町内の3保育所に寄贈した。23日に園児らに一枚ずつ配布する予定。

同社は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、婦人服の縫製技術を生かして布マスクを製造。村田専務によると、小さい子はマスクの着用を嫌がる子もいると聞き、楽しんで着けてもらえるように、町のマスコットキャラクター「ティーナ」をプリントしたマスクを作ったという。

中村忠彦町長はマスクを受け取り、「コロナ禍においてマスクを着用する生活はしばらく続くと予想されるので大変ありがたい」と感謝した。村田専務は「ティーナがプリントされたマスクを着用してもらうことで町のPRにもつながれば」と話した。