岡田氏「衆院解散、早ければ11月か」三重民主連合は継続

【常任幹事会後の記者会見に臨む岡田会長(中央)ら=津市栄町2丁目で】

三重民主連合は19日の常任幹事会で、新たな立憲民主党県連の設立後も三重民主連合を継続させると決めた。「これまでの役割は終えた」(岡田克也会長)が、他党との連携などを目的に機能させる。

政治団体の届けは残しつつ、岡田会長を含めた役員の変更を検討している。また、旧立憲民主党県連は解党に合わせて既に解散しているため、野党関係者らは新たな県連の設立に向けた準備を進めている。

岡田会長は常任幹事会後の記者会見で「国民民主党を中心に立憲民主党県連に入れない人もいるため、三重民主連合はさまざまな勢力をネットワークする限られた役割を果たすために継続する」と述べた。

新たな立憲民主党県連の設立については「県連がないと、支部をつくれない。支部がないのに選挙をするなんていうと、悲惨なことになってしまう」などと述べ、設立を急ぐ考えを示した。

衆院解散は「早ければ11月ではないか。個人的には、もう少し遅いタイミングだと思う」と推察。「総理にとって最善のタイミングでカードを切ってくるはず。それは今ではないと思っている」と語った。