絵画教室生徒が鳥羽で33点展示 

【個性豊かな油彩画が並ぶ作品展を開いた野村さん(前列中央)と生徒ら=鳥羽市大明西町の鳥羽ショッピングプラザ「ハロー」で】

【鳥羽】三重県鳥羽市大明西町の鳥羽ショッピングプラザ「ハロー」で、同市若杉町の絵画講師、野村昭輝さん(77)が主宰する絵画教室の作品展「グループan絵画展」が開かれ、野村さんと生徒10人の油彩画計33点を展示している。観覧無料、10月6日まで。

野村さんが自宅と志摩市鵜方で開く絵画教室では、鳥羽市や近隣市町の60―70代の男女12人が楽しみながら作品を制作。年に一度、2つの教室が合同で行う同展は今回で10回目を迎えた。

生徒らは果物や野菜の質感を大事に描いた静物画、自宅のベランダから見た神秘的な夕焼けを切り取った風景画、今にも泳ぎ出しそうな色鮮やかなコイなど個性豊かな作品を出展。各地に出掛けてその場で絵を描く「現場主義」の野村さんが、海岸や岩に打ち寄せる台風の余波を力強く表現した新作も目を引く。

野村さんは「一生懸命描いたのが作品を見てくれた人に伝わればうれしい」と話していた。