亀山 バレリーナの中尾さん ふるさとで初コンサート 住民ら魅了 三重

【「くるみ割り人形」を披露する中尾さんと夫の周平さん=亀山市下庄町のバレエ教室特設会場で】

【亀山】ふるさと亀山に戻り、亀山市下庄町の父親が経営する「丸中運送」の一角で、バレエ教室「SK feel Ballet」を7月に開設した、現役バレリーナの中尾公美さん(45)は17日、同所の教室内を特設会場に、初めてミニコンサートを開き、地域住民ら30人を魅了した。

中尾さんは3歳からバレエ教室に通い、中学生から越智インターナショナルバレエ団(名古屋市)で本格的にバレエを習い、国立キエフバレエ学校(ウクライナ)に留学してバレリーナの道に進んだ。関西を活動拠点にこれまで、数々の舞台でソリストとして活躍している。

コンサートでは、夫の周平さんと「くるみ割り人形」や「椿姫」など3演目を披露した。中学生当時に利用していた美容院の女性店主は「この子がこんなに立派なバレリーナになるとは思っていなかった。感激しました」と目に涙を浮かべていた。

中尾さんは「自分の夢を応援してくれた家族に感謝しています。普段着で気軽に見れるバレエを目ざし、教室を通じて未来のバレリーナを育てます」と話していた。同教室への申し込み、問い合わせは中尾さん=電話090(7303)7856=へ。