高校ラグビー三重県大会組み合わせ決まる

高校ラグビー県大会の組み合わせ

ラグビーの第100回全国高校大会三重県大会の組み合わせが11日、決まった。16校11チーム(合同2チームを含む)が参加して10月4日にスポーツの杜鈴鹿で開幕し、大会9連覇を目指す朝明は11日の準々決勝から登場する。決勝は11月1日。

7年ぶりの単独出場を果たす松阪など16校。4日の1回戦の松阪―鈴鹿高専の勝者が11日の準々決勝で朝明と対戦する。新型コロナウイルスの感染対策のため保護者を含めて無観客で行われる。

全国大会は東大阪市花園ラグビー場で12月27日に開幕し、県大会の優勝校が県代表として出場する。第100回の記念大会で参加校は従来の51校から63校に増え、県大会の2位校は東海ブロック代表(1枠)を目指し、11月7日から鈴鹿市などで開かれる東海大会で岐阜、静岡両県の2位校と対戦する。