県内散策の新たなバスツアー 三重交通

【津】三重交通(本社・津市中央)は11日、観光地を散策するバスツアー「三交ぶらさんぽ」を発売した。伊勢神宮や熊野古道など県内を中心に近場の行楽地でのんびりと散歩を楽しめる。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い近場での旅行需要が高まる中、従来のバスツアー「三交バスハイク」の姉妹ブランドとして立ち上げた。バスハイクに比べて初心者向けの歩きやすいコースとなっている。

10―12月に実施するコースのうち県内を目的地としたツアーは五コースで、日帰りや1泊2日の旅行を用意。いずれも国の旅行需要喚起策「GoToトラベル」の対象で、最大8050円安くなる。

参加申し込みは同社旅行営業部の各窓口や電話で受け付ける。問い合わせは、テレホンセンター=電話059(224)5535=へ。