新型ウイルス 新たに5人感染 クラスター病院の清掃業者も 三重

三重県は10日、40―60代の5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3人はクラスター(感染者集団)が発生した鈴鹿厚生病院(鈴鹿市岸岡町)の入院患者と清掃業者で、この病院の感染者は53人に増加。県内の感染者は延べ450人となった。

県によると、鈴鹿厚生病院で新たに感染が判明したのは、入院患者の60代男性2人と清掃業者の40代女性。3人とも3日に受けた検査の結果は陰性だったが7日に発熱し、再検査で陽性と判明した。

男性2人は感染者が多く発生している病棟で入院していた。女性は入院患者の部屋などを清掃していたといい、県は「ウイルスが付着した物に触れるなどして感染した可能性が高い」とみている。

鈴鹿市の50代女性は、既に感染が判明した鈴鹿厚生病院で勤務する50代男性看護師の妻。8日から咽頭痛があった。女性も看護師だが医療機関では勤務しておらず、県は家庭内での感染とみている。

津市の50代会社員男性は5日から倦怠感があり、7日に発熱。9日の検査結果から陽性と判明した。3日に愛知県内の商業施設で買い物をしたという。県は家族や知人ら5人を濃厚接触者に特定した。