診療報酬不正請求の疑い 三重大病院医師を調査 三重

【津】三重大医学部付属病院(三重県津市)は8日、医師が診療報酬を不正請求していた疑いがあるとして、第三者調査委員会を設置して調査していると発表した。今月中に第三者委の報告がまとまる見通し。

同病院によると、カルテを改ざんして手術時に投与していない薬剤を記載し、薬剤料を不正に請求した疑い。改ざんされた疑いのある症例は約2200件、薬剤の請求総額は2800万円を上回る見込み。

不正行為は3月末に発覚し、院内調査委による調査を経て春頃に第三者委を設置。同病院は「職員一丸となって再発防止に努め、信頼回復に向け努力する。関係者の処分を厳正かつ適正に行う」としている。