宿泊料金を割り引き 県内クーポン、東海3県住民に 三重

【定例記者会見で、クーポンの発行を発表する鈴木知事=三重県庁で】

鈴木英敬三重県知事は7日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた県内の観光業を再興するため、5千円の割引を上限に宿泊料金を最大で半額とする「みえ得トラベルクーポン」を発行すると発表した。政府の「GoToトラベル」と併用できる。東海3県の住民を対象に15日から申請を受け付ける。

県は7月から宿泊料金を割り引く「みえ旅プレミアム旅行券」を県民に発行してきたが、秋の行楽シーズンや年末年始に向けて新たに発行することにした。事業費は4億2千万円。全額を国の交付金で賄う。

クーポンは2500円引きと5千円引きの2種類。2500円引きは1万枚、5千円引きは6千枚を発行する。インターネットで申請を受け付け、今月15日―来年1月11日までの宿泊に利用できる。

クーポンの発行に加え、東海3県にある旅行代理店の窓口で扱う旅行商品の割引を実施。宿泊を含む1万円以上の旅行商品を対象に5千円を割り引く。18日から先着で1万5千人分を受け付ける。

鈴木知事は会見で、今後も継続的にクーポンを発行する考えを示した上で「これまでは強いインセンティブ(割引率)を設けたが、今後は財源も踏まえて長期的に発行し、旅行需要を平準化させたい」と述べた。

クーポンは三重交通と「じゃらん」の特設サイトで15日午前10時から受け付ける。観光連盟のホームページに申請方法を掲載している。問い合わせは観光魅力創造課=電話059(224)2823=へ。