「浅田家!」ロケ地紹介 津出身の写真家描いた映画 イオンモール津南でパネル展 三重

【「浅田家!」の撮影の様子を紹介するパネル=津市高茶屋小森町で】

【津】三重県津市出身の写真家・浅田政志氏の半生を描いた映画「浅田家!」が10月2日に公開されるのを前に、津市は6日、津市高茶屋小森町のイオンモール津南で映画のロケ地を紹介するパネル展を開催した。

「浅田家!」は浅田氏が写真家になるまでの物語と東日本大震災での活動を描いた作品。アイドルグループ「嵐」の二宮和也さんが主演を務める。市内の高田本山専修寺や阿漕浦海岸などがロケ地となった。

パネル展では市内のロケ地やロケの様子を写真付きで説明し、出演者を紹介。撮影で実際に使われた消防車も屋外に展示した。買い物客らが立ち寄り、二宮さんのパネルの前で写真撮影を楽しんでいた。

津市観光協会事務局の川村暁洋次長(54)は「映画をきっかけに津にはたくさんよいところがあると再注目してもらえる部分があると思う。映画を見た人にはぜひ津に来てほしい」と話した。

市は同日、ロケ地マップの配布を始めた。高田本山専修寺や近鉄津新町駅、阿漕浦海岸など市内12カ所のロケ地とロケ隊が利用した飲食店を紹介。市役所や各総合支所、市観光協会で配布している。