台風10号、海上大しけに 津地方気象台 警戒呼びかけ 三重

三重県の津地方気象台は6日、大型で非常に強い台風10号の影響で県内は7日夕にかけて雷を伴う激しい大雨になり、海上ではうねりを伴う大しけになる見込みと発表し、警戒を呼び掛けている。県は6日、災害対策本部を設置した。

気象庁によると、台風10号は7日午前にかけて九州に接近し、記録的な暴風や大雨、高潮、高波になる見込み。6日午後5時現在、屋久島の西南西約70キロを時速約35キロで北へ進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

気象台によると、県内には7日にかけて暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となり、南部を中心に大雨となる見込み。7日午後6時までの24時間予想降水量はいずれも多いところで北中部250ミリ、南部400ミリ。

JR西日本は7日、関西本線の亀山―加茂駅間で始発から運転を見合わせる可能性が高いとしている。中日本高速道路は新名神高速の四日市ジャンクション(JCT)―菰野インターチェンジ(IC)、亀山西JCT―亀山JCT、東海環状自動車道の新四日市JCT―大安IC、東名阪自動車道の鈴鹿IC―伊勢関ICの各区間で、同日午前6時―正午の間に通行止めを開始する予定と発表した。