菰野町 講師と受講生ら会心作 山と花の写真展 三重

【国内外の山や花のある風景が並ぶ会場=菰野町の希望荘ギャラリー望で】

【三重郡】YUCC水野秀彦写真講座を主宰する水野秀彦講師と受講生有志13人による「山と花の景写真展」が4日、三重県菰野町千草の希望荘ギャラリー望で始まった。山と花をテーマに、国内外で撮影した会心作27点を展示している。20日まで。

伊藤信也さん(75)は、長野県・白馬五竜アルプス平の岩場に咲く高山植物の女王コマクサを捉えた「可憐」などを出品。片岡則高さん(78)は、スイス・ゴルナーグラード展望台から望むモンテ・ローザ(4,634メートル)の雄大な風景「流れるゴルナー氷河」などを出展している。

水野講師(58)は、岐阜県・新穂高ロープウエー展望台からの絶景「白き峰々」など2点を並べている。「自然を愛する受講生らの感動が伝わればうれしい。ひとときの旅気分を味わい、心癒やしていただければ」と話していた。