桑名・木曽川死体遺棄事件 殺人容疑で夫を再逮捕 三重

桑名市長島町の木曽川右岸で7月30日、岐阜市長良井田、パート従業員稲見美紀さん(56)の絞殺体が見つかった事件で、三重県の桑名署捜査本部は2日、殺人の疑いで、同居の夫で会社員稲見勝利容疑者(55)を再逮捕した。「妻の首を絞めて殺した」と容疑を認めている。

逮捕容疑は7月29日ごろ、自宅マンションの居室で美紀さんの首を絞め、殺害した疑い。

捜査本部によると、2人は稲見容疑者の女性関係を巡り、離婚トラブルになっていたという。稲見容疑者は美紀さんを殺害後、美紀さんの乗用車で遺体を木曽川の岸辺に運んだ。30日未明ごろ、遺体を岸辺に遺棄したとみられる。

捜査本部は先月12日、美紀さんの遺体を木曽川に遺棄したとして、死体遺棄の疑いで、稲見容疑者を逮捕した。「遺体を木曽川に捨てた」と容疑を認めている。