南伊勢町 動物への賛歌、収穫の喜び 現代美術の鈴木さん個展 三重

【収穫の喜びや感謝を表現した作品を紹介する鈴木さん=南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で】

【度会郡】三重県南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で、津市の現代美術作家、鈴木幸永さん(76)の個展が開かれている。本館1階は12月20日、彫刻館宇空は同13日まで。火、水曜日は休館。

鈴木さんは18歳ごろから、クロッキーと不透明水彩による制作を開始。県内外で個展を開き、作品を発表している。

同展では3つのテーマを掲げ、絵画やインスタレーション作品など約30点を出展。「遙かな動物」は、土壁のキャンバスに墨とベンガラでゾウやキリンなどをデザイン的な要素を取り入れて描き、動物への賛歌や共生を表現した。

「生命の再表象」がテーマの作品は、海の生き物をミイラ化(乾燥)させて糸で巻いたり泥でコーティングしたりして並べた。「瑞穂の国の収穫祭」では、5色に染めて積み上げた稲穂やはさ掛けした稲穂を展示し、収穫の喜びや感謝を表したという。

鈴木さんは「絵画やインスタレーションで全体の空間をつくった。会場に入った瞬間に迫力を感じてもらえるのでは」と話した。

入館料は一般700円、中高大学生500円、小学生以下無料。問い合わせは同館=電話0599(66)1138=へ。