鳥羽市長、三重県知事と「一対一対談」 コロナ対応で意見交換

【対談する(左から)鈴木知事と中村市長=鳥羽市健康福祉センターひだまりで】

【鳥羽】鈴木英敬三重県知事と中村欣一郎鳥羽市長の「一対一対談」が2日、同市大明東町の市健康福祉センターであり、新型コロナウイルス感染症が確認された場合の対応や観光誘客について意見を交わした。

中村市長は本格化する台風シーズンを前に、避難所での感染防止の観点から感染者や濃厚接触者を含む検査対象者の情報提供のあり方を質問し、事業所での消毒方法の共有を求めた。

鈴木知事は、感染者に関する情報は管轄する保健所を通じて各市町に直接連絡すると説明。検査の陰性者に関する情報は公開しないが、災害時は特例的に伝えるとし、「差別につながらないよう対応をお願いしたい」と述べた。事業所での消毒方法については各事例によって対応が異なることから、「事例の紹介はできるが、事前に教えることは難しい」と述べた。

ワーケーション誘致に向けた連携なども議論。鈴木知事は「万が一に備えて対応し、市の産業再生に向けて連携を図っていきたい」と話した。