コロナ禍の女性に癒しを パインワークスが新サービス アロマとカウンセリング連携 三重

【(左から)企画した酒井さん、アロマテラピストの西村さん、カウンセラーの福島さん、保育士の溝田さん=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市のソーシャルビジネスカンパニー「パインワークス」はこのほど、アロマテラピーにカウンセリングを加える女性専用サービスを始めた。託児付き。「コロナ不安をリフレッシュしてほしい」と利用を呼び掛けている。

子育て支援の市民団体を運営するパインワークスの酒井由美代表がアロマテラピストと心理カウンセラー、保育士の連携を企画した。

同市大黒田町でアロマテラピーサロン&スクール「ボア・ド・ローズ」を開業している西村牧子さん(42)へ予約し、40分の施術後にウェブ会議サービス「ズーム」か電話で心理カウンセラーの福島伸江さん(57)のカウンセリングを受ける。託児は近くで「託児ルームちゃちゃ」を手掛ける保育士の溝田彩さん(33)が引き受ける。

西村さんは「今までなかったアロマとカウンセリングの両方からのアプローチ。心も体も打ち解けて、コロナでも前向きになってほしい」と話している。

託児料・税別4500円。予約はボア・ド・ローズ=電話0598(30)5778=へ。