党員投票を求める 自民党三重県連、二階氏に要望書

【党員投票の実施を求める青木幹事長=津市桜橋2丁目で】

 自民党三重県連は31日、安倍晋三首相の後任は「党員の意思を反映した人を選ぶべき」として、自民党総裁選を党員・党友で実施するよう求める要望書を、党本部の二階俊博幹事長宛てに提出した。

 県連によると、要望書は「県内外の党員から全員参加の総裁選を望む声が多数上がっている。次の衆院選で勝利するためには、党員の意思を反映した人を選ぶべき」と主張。役員の総意で提出を決めた。

 県連の青木謙順幹事長は31日、津市桜橋二丁目の事務所で記者会見し、「党本部には地方の声や意見が届いていると思う。ぜひ県連だけではなく、党員、国民の声として受け止めてほしい」と述べた。

 総裁選を巡っては、党執行部が党員・党友による投票を省略する方向で調整しているが、各地の県連などからは異論も出ている。実施方法は党本部が9月1日に開く総務会で決める見通し。