表情豊かな水彩画 亀山でサークル展 果物や花、人物描く 三重

【水彩画27点を展示した会場=亀山市川崎町の川崎地区コミュニティセンターで】

【亀山】三重県亀山市の水彩画サークル・さつき会(近藤秀子代表)はこのほど、同市川崎町の川崎地区コミュニティセンターで作品展を開いている。9月11日まで。

さつき会は、市中央公民館の文化講座の受講修了者らで構成。同地区に住む近藤代表(81)ら会員15人は毎年、同センターや市の公共施設「みらい」などで作品展を開いている。

同センターロビーの会場には、会員らが描いた水彩画「青い果実」や「枇杷(びわ)」、「蓮(はす)」や「向日葵(ひまわり)」などの花や女性の人物画など計27点を展示した。

50代の女性は「皆さんそれぞれ表現豊かな作品ばかり。一点一点楽しませてもらった」と話していた。