岡田氏、首相をねぎらう 辞意表明で、解散見据え「野党の力示したい」

【安倍首相の辞意表明について所感を述べる岡田氏=川越町高松で】

三重民主連合の岡田克也会長は28日、川越町高松の事務所で記者会見し、辞任の意向を表明した安倍晋三首相を「いろんなことがあったが、まずは本当にお疲れ様でしたと申し上げたい」とねぎらった。

岡田氏は「内閣総理大臣というのは本当に重責で、それを長期間にわたって務めるということは、人間の限界に挑むようなもの」とした上で「ぜひ体力の回復にしっかり努めてもらいたい」と述べた。

安倍政権への評価は「退陣を発表したばかりで、そういうことを言うときではない」としつつ「安全保障法制は今でも違憲の疑いが濃いと思う。森友・加計問題は霞ケ関の信頼を失わせるものだった」と語った。

野党で新党結成が進む中での辞任の表明は「新総理になれば解散すると思うので野党の力を示したい。早くしっかりした党として国民に認識してもらえるよう動き出さないといけない」と述べた。