「非常に残念」「突然で驚き」 首相辞任意向で三重県内各政党がコメント

安倍晋三首相が辞任の意向を示したことを受け、三重県内各政党の幹部らは28日、以下のコメントを発表した。

自民党県連の青木謙順幹事長

率直に驚いている。非常に残念に思う。政権を奪還し、歴代最長の安定政権を務めてもらったことに、お疲れ様でしたと言いたい。経済の立て直しや幼児教育と保育の無償化など、大きな果実があったと思う。

公明党県本部の中川康洋代表

7年8カ月の長きにわたって総理の職務を遂行されたことに心からお疲れ様でしたと申し上げたい。コロナの感染防止対策と社会経済活動の両立に向け、さらなる政治の安定を図り、与党の責任を果たしたい。

立憲民主党県連の芝博一代表

ある程度は予測していたが、突然でびっくりした。長期政権のよどみが出てきていた。今の状況でだらだら続けるより、新しいリーダーを選んでコロナと景気の対策をするために身を引いたことは理解したい。

共産党県委員会の大嶽隆司委員長

突然の表明に驚いたが、持病の悪化だからやむを得ない。国政は一刻の空白も許されず、速やかな後継指名と審議を求める。共産党は安倍政権と正面から闘ってきた。市民と野党の共闘で新しい政治を目指す。