国体塗り絵で缶マグネット 鈴鹿市役所に作製紹介コーナー設置 三重

【国体PRの塗り絵を使った缶マグネット無料作製を紹介するコーナー=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の三重とこわか国体三重とこわか大会鈴鹿市実行委員会(会長・末松則子市長)はこのほど、市役所1階ロビーに、市内開催競技の塗り絵で作るオリジナル缶マグネット無料作製サービスの紹介コーナーを設置した。10月31日まで。

両大会のPRが狙い。同サービスはツイッターのフォロワーを増やすことなどを目的に、5月から実施。これまでに約120個の応募があったが、より応募を促進するために7月末、紹介コーナーを設けた。

缶マグネットの大きさは直径5・7センチ。いずれもマスコットキャラクターとこまるの絵柄で、馬術など8競技11種目を含めた計13種類。

使用する塗り絵は同コーナーで無料配布しており、各家庭で自由に仕上げた作品をスマホで撮影し、同実行委員会ホームページから応募する。先着千個、1人1回につき3個まで。

問い合わせは国体推進課内同実行委員会事務局=電話059(382)9106=へ。