新型ウイルス 新たに1人が感染 バーベキューでクラスター 三重

三重県は26日、桑名市の20代会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。複数の感染者が判明している県内でのバーベキューに参加していた。県内の感染者は延べ354人となった。

県はバーベキュー会場での感染者が今回の1人を含めて5人に上ったとみられるとして、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内で確認されたクラスターは4件となった。

県によると、この男性は22日に感染が判明した20代男性の濃厚接触者として検査を受け、25日に陽性と判明した。18―19日にかけて味覚と嗅覚に異常があったが、既に症状はないという。

この2人は13日、屋外で開かれたバーベキューに知人らと参加した。参加した23人のうち、今回の男性を含めて7人の感染が判明。県は感染者のうち2人は帰宅後に家庭内で感染したとみている。

このバーベキューについて、医療保健部の三木惠弘次長は26日の記者会見で「会場で5人が感染したとみられる。5人以上の感染と定義されるクラスターに該当すると考えられる」との認識を示した。

一方、参加者のうち7人以外の検査結果が全て陰性だったことなどから「これ以上は参加者に感染の広がりはない」とし、クラスターとしての特別な対策は実施せず、通常の接触者調査を続ける方針。